部会紹介

部会の目的
   当部会は、感性情報処理と官能評価に関わる諸問題を、基礎から応用まで幅広く、様々な角度から討論する場を設けることを目的としている。
活動テーマ
   感性の主体である「人間」に関する先端的な研究や、感性手法を用いた研究事例を紹介するとともに、感性情報処理・官能評価の立場からの検討を進め、また、「人を物差しとして測る」ための手法についても幅広く検討したい。そのために、関連する諸学会・研究会との連携も深めていきたいと考えている。
 また、若手研究者の研究意欲を喚起し、具体的なアウトプットを生み出してゆく支援となる場としての機能を充実させるため、講習会を開催するほか、特に例会においては修士論文や卒業論文を作成中の学生など発表を積極的に取り上げたいと考えている。
会則
   感性情報処理・官能評価部会 会則 (PDF形式、約50KB)
部会長
   梶谷哲也  (文化学園大学 造形学部 デザイン・造形学科)
幹事
   市原  茂  (株式会社メディア・アイ 感性評価研究所)
 山下利之  (首都大学東京 人文科学研究科)
 宇賀神博  
 石原正規  (首都大学東京 人文科学研究科)
 笠松慶子  (首都大学東京 システムデザイン研究科)
 平野和彦  

-->>トップページに戻る